まとう歯科クリニック

大分県大分市の歯科・歯医者「まとう歯科クリニック」 インプラント/予防歯科/審美歯科/小児歯科/歯周病/歯科口腔外科

アクセス TEL tel
診療案内

予防歯科

一生涯、自分の歯でおいしく食事ができるように

当院では治療が終了した患者様に予防をおすすめしております。

予防とはどういったものか?

日本では欧米に比べ予防に対する認識は非常に低く、
 虫歯が出来るのは仕方ない・・・
 年を取ったら入れ歯は当たり前・・・
などといった考えがいまだ蔓延しています。

そういった影響もあり、80歳での残存歯数は先進国の中でも最下位となっています。
(日本・・8本、アメリカ・・17本、スウェーデン・・20本) 

従来の治療中心型歯科医療(日本型)から、予防中心型歯科医療(欧米型)へ切り替える必要があります。痛くなってから歯医者に行くのは過去の話で、健康な自分自身の歯を維持するためにかかりつけの歯医者に定期的に行くことが重要です。

お口の中の病気で最も多く、歯を失う原因となっているのはムシ歯や歯周病です。
そしてこれらの病気は細菌によって引き起こされています。
つまり、悪くなった歯を治療して仮に良くなったとしても、その原因が残っていては必ず繰り返してしまうということなのです。
一度治療を終えられた方でも時間が経つといつの間にか自己流の磨き方に戻ってしまい、歯周病を再発させてしまったり、虫歯を新たに作ってしまったりしがちです。
つまり、治療が終わってからの予防が重要ということです。

では予防歯科では実際にどういったことをするのか?

理想的な予防

上図のように理想的な予防とは、日頃の患者様自身による正しいセルフケアと定期的に歯科医院にて受けるプロフェッショナルケアの両方があって初めて可能になります。

◆正しいセルフケアとは…

患者様ひとりひとりのお口の中は違います。ムシ歯や歯周病リスクは個人差がありますし、より注意をしなければいけない部位も違います。
患者様自身に合ったセルフケアを当院にて提案させていただき、共に正しいセルフケアを目指します。

◆定期的なプロフェッショナルケアとは…

ムシ歯や歯周病の簡単なチェックや、歯の磨き残しを染め出してセルフケアの確認を患者様と一緒にします。
またセルフケアではしっかり清掃できない部分にプロの歯科衛生士が行うPMTCを行います。
またその患者様のリスクに応じた個別のメニューでのプログラムですすめていきます。

PMTCとは

歯科医師、歯科衛生士が専門の器械とフッ素入り研磨ジェルなどを使って行う歯面清掃(クリーニング)のことを言います。歯の表面から歯と歯肉の境の溝の中(1~3mmまで)のプラーク(細菌の塊)をすべて取り除くことができます。PMTCをすることによりバイオフィルムを除去し、ツルツルに磨かれた歯面はプラークがつきにくくなります。

メンテナンスの内容

  • ムシ歯、歯周病のチェック
  • ブラッシング指導(染め出しによる磨き残しの確認)
  • 歯ブラシや専用の器具による徹底した清掃
  • 専用のジェルを使用した器械による歯面清掃
  • 補綴物(インプラントや差し歯、入れ歯など)の調整

メンテナンスの詳細はスタッフにお尋ねください

控除費用について 症例紹介
スタッフブログ 採用情報